アトピーの皮膚

アレルギーなどいろんな皮膚の悩みを抱えている方も多いものですが、中でもアトピーの症状を持っている方は現代ではとても多いものです。アトピーの症状では強いかゆみや発疹が出るのが一般的な症状ですが、それ以外にも肌が厚くなってごわごわとしていたり、色素沈着が起こっていたりするケースも多いものです。

バリア機能アトピーの肌の方が持つ特徴として肌のバリア機能が弱まっているという点が挙げられます。肌はもともと紫外線などから体を保護する機能を有しているものですが、肌の調子が悪くなるとバリア機能が弱くなっていってしまいます。アトピーの肌になるとつい強くかきむしってしまいます。それに加えて、肌が乾燥するためこのような状況になってしまうものです。そのため外部からの刺激物質が体内に侵入しやすくなってしまいます。そうなると余計に掻いてしまうことになり、悪循環が続いてしまうものです。そのためこの悪循環を断ち切り、肌の状態を改善していくためにスキンケアを適切に行っていくことが必要になります。スキンケアを行っていけば肌に適度な潤いを与えることができますし、それによってかゆみが発生しにくくなります。毎日必ずスキンケアを行っていかないと肌の状態は改善されていきません。

 

適切なスキンケア

アトピーになると肌にかゆみが生じたり、また肌のバリア機能が低下したりしてしまいます。そのためこの状態を改善していくための適切なスキンケアを行っていかなければなりません。そのためには保湿を中心とした方法を実践していくことをお勧めします。まず洗顔によって不要な汚れを除去していかなければなりません。汚れが残っていると十分に水分や油分を補給することができません。洗顔料では刺激を感じにくいタイプの商品を選択し、ぬるま湯を使って洗顔をします。あまり温度が高いお湯で洗うと肌にとって必要な潤いまでも除去されてしまい、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。また長時間すすぐと同じように肌が乾燥しやすくなります。洗顔ではあまり長い時間をかけない、すすぎも長時間行わないことが大切です。

保湿洗顔後の肌は無防備な状態になっています。そのため急いで水分を補給していかなければなりません。水分は化粧水によって補給することができます。アトピーの肌は水分が足りないため、化粧水では保湿効果の高い成分を配合している商品を選んで使用すことが大切です。また水分がたっぷりと肌に与えられるように、何度も塗布を繰り返し行っていくことも重要なことです。次に油分を補って水分の蒸発を防止しますが、そのためにクリームをたっぷりと塗布して潤いを保つようにしましょう。

『参考HP』みんなの肌潤糖-アトピースキンケア